banner

最新の福祉 バリアフリー

街中にあふれている福祉とバリアフリーについて

banner 街を歩いていて最近意識するものの一つが、段差やちょっとした障害物です。
例えば横断歩道から道路に移る時の、ちょっとした段差は普段は意識はしないです。
しかし足を怪我して持ち上げられない場合には、このたいしたことのない段差が負担になってしまいます。
視覚障害がある人も、同様なことになります。
多くの人が往来する道路に、何気なく置かれている自転車も時には障害物となることがあるのです。
駐輪場として定められた場所ならば、邪魔にならないように選ばれています。
それが守られていないこともあるのは、悲しいことです。
街中でよく見かける黄色の点ブロックは、飾りではないのです。
せっかく作られた視覚障害者誘導用ブロックも、自転車などが置かれてしまい分かりづらくなっていることがあります。
街中でバリアフリーのための設備はあっても、使えなくては意味がないのです。
紙に書かれただけの福祉ではなく、バリアフリーのための設備が何故あるのかを意識すべきです。

大阪で女性の悩みに答える
専門クリニック

埼玉・プラナ治療院http://purana-service.com/

福岡 カイロ
あなたにあったコースをお選びください

なんでもよく噛める入れ歯を
ご提供します

乳腺外科 大阪

関連情報一覧

banner 近年、公共機関や人の集まる場所では、障害者向けのフラット施設、いわゆるバリアフリー化が一般的となって

見える障害見えない障害

banner 福祉関係の仕事を行う建物を建設するために注意しなければいけないことは、利用者が使いやすい建物でなけれ

福祉とバリアフリーのこと

banner 高齢者や障害者に対する福祉に関係する建物を設計するときに必要なことはバリアフリーという概念です。バリアフリーと福祉のこと